【第3回CIF会員セミナー登壇】中牟田 佳奈さん インタビュー

INTERVIEWEE

中牟田 佳奈 さん

 


2022年4月 

 代替療法でのクライアントの変化

【プロフィール】

  ● 医師

  ● 1994年兵庫医科大学卒

  ● 同年大阪大学脳神経外科教室(現神経制御外科学教室)入局

  ● 2004年頃より風邪をひくと咳が1ヶ月程続く症状が出る様になる。

呼吸器内科受診しても異常無しと言われる。

次第に咳の頻度が酷くなりアレルゲン不明の喘息として標準的な喘息の治療を受けるが一向に治まらなかった。

2014年1年休職するも喘息改善せず従来の西洋医学に見切りをつけ、神戸東洋医療学園の鍼灸科に入学。

2016年鍼灸師国家試験に合格。神戸東洋医療学園卒業。

この頃インドの宝石光線療法研究会に参加したりメタトロンのデモをしてみたり波動医療に初めて触れる。

中医学を学んでも喘息は少し軽減しただけで他に自分の身体を治す方法を模索する。

水銀デトックスについての本を購入し、そこから分子栄養学を知る。

この間NESを紹介するセミナーやNEWSCANなどの波動機器の存在を知る。

MRAや数霊シリーズのセッションを受ける。


遅延アレルギー検査で食物アレルゲンが大量に発覚。

リーキーガット症候群の診断を得る。

アレルゲンの全ての食事を除去して喘息を克服する。


2019年7月〜2021年9月迄緩和ケアに従事する。

この間「TimeWaver」ヒカルランド刊 寺岡里紗 著を読み、Infotherapy でTimeWaverセッションを受ける。


緩和ケアの現場に失望し、自由診療で開業する事を決心。

TimeWaverを診療に取り入れようと決心して2021年TimeWaverを購入。

現在七転び八起きしながらTimeWaverの使用方法を習得中。


現在は高度先進医療をやっている自費診療のクリニックの非常勤勤務をしながら東京の小林常雄医師にTMCA検査法や癌の栄養療法を師事している。

開業準備中。



 中牟田さんインタビュー




今回は


脳外科医であり統合医療にも従事されている

中牟田佳奈(なかむた かな)さんにインタビューです★


ーインタビュアー ハナ

ーはじめまして!どうぞよろしくお願いいたします!



よろしくお願いいたします。




ーまずはじめに中牟田さんの現在の専門を教えていただけますか


現時点では高度先進医療的な遺伝子治療や

癌等に光療法などを用いた医療現場にて非常勤で働いています。


また分子栄養学や癌の免疫食事療法の勉強など、

どちらかと言うと元々興味があった統合医療をやっていますね。




ー現代の医療では嫌煙されがちなTimeWaverというデバイスに

興味を持たれたきっかけは何でしょうか?


これはですね、、

医師としてというか、わたし個人の興味もあります。


元々、子どもの時から不思議な話は大好きなんですね。

オカルトや霊的なことなど…


あやしいですよね(笑)




ーあ、大丈夫です!わたしも結構好きですから(笑)



そうでしたか(笑)



例えばですね、


ただ単に病原体とかウィルスとか癌だとかは

場合によって目に見えない原因ってあると思うんですよね。


肉体レベル以外のところです。


「あなたは癌家系で先祖の因縁がある」とか、

「代々、男性が早く亡くなる家系だ」とかたまに聞きますよね。


調べていくと不思議な話があるわけじゃないですか。


そんなファクターが無いこともないなと

ずっと思っていたんです。



どんなに投薬で頑張っても

手術やサプリや栄養面とかで氣をつけても


それを引き起こしている原因として

なかなか治らない”ファクターX”みたいなものがあるのでは、と。



かといって医師のわたしが

知っている霊能者をクライアントさんに紹介できるわけでもありません。


それをやったら完全にあやしい先生ですからね(笑)




ーそれはあやしい!となりますね(笑)



はい、霊能者をご紹介もできるはできますが(笑)



TimeWaverは体の上位のエネルギーフィールドやオーラも見ますよね。


またクライアントさんとセラピストとTimeWaverで”場”を作って、

不思議なことまでひっくるめて見れるわけじゃないですか。



肉体的なことはともかく、見えないものも存在するよね、と言う感じで

多角的に見ることも大事かなと感じています。



この辺はどちらかと言うと

わたしの興味の範疇でもあるのですが(笑)



こう言ったものに対して信じていることもあるのに

医療従事者は100%無視したがる傾向ですね。


笑われるだろうから認めたがらないとか、

そんな矛盾もあるわけです。



ホメオパシー等に関しては

良い判断はホメオパスの腕にかかっていますが、


そういったものも含めてそれぞれのクライアントに合ったものを

多角的に見れるTimeWaverはやはり良いなぁと思うわけです。



「水」を摂った方が良いとどこかで言われたとして、

その「水」を摂り忘れたらなんだか具合が悪い。


でもTimeWaverはデバイスで1ヶ月単位の調整とかでしょう。

飲み忘れるなんていう煩わしさもないし、最適化までしてくれます。



だからとても良いと思ったんです。



もちろん、今後は医療に取り入れていければ良いと思っていますし、

問題になりつつある「ワクチン後遺症」にも今後は治療法を考えたりもしていますね。





ーTimeWaverを扱う方でも

スピリチュアルなお話を好まない方もいらっしゃいますよね。



そうは言っても他のデバイス等ではほとんど見ない、

「カルマ」や「オーラ」なども出てきますよね。


ある程度スピリチュアルな話題をせざるを得ないんですよ。


だから受け入れづらい人にはまず

例えばシンボルをお守りと思って携帯電話の待ち受けにしてもらったり…


それでもまぁ、十分あやしいですけどね(笑)





ーそうですね(笑)TimeWaverって神社仏閣のお参りみたいな感覚ですし。。



そうなんです。


お守りみたいにシンボルが全部欲しいとかで

マニアックな方もいらっしゃいますよ(笑)




ー例えばですが、TimeWaverの結果を通して直感的に感じることはあるのですか?


TimeWaver(タイムウェーバー)に限らずですが、

そう言ったことは皆さんおありなのではと思っていますね。


例えばわたくしの場合、クライアントさんは男性なのに

「妊娠の時のトラウマ」と出たことがありますが、


過去の記憶と結果で無意識に言葉が出たこともありますね。


わたしは法螺吹きなんじゃないか?と疑いましたが(笑)




ーいえいえ!それは情報がマッチングしているんだと感じます。


さて、そんな中牟田さんですがセミナーにご登壇いただくとのことで…



そうですねぇ…実はまだ内容をはっきりと決めてないのですが…


例えばこの手のデバイスに対して疑り深い方がいます。

TimeWaverを通してどんな経緯で変化していったかなどの実例もあるので


そう言ったお話も含めてできれば面白いかなと思っています。



医学的なこととは本当に関係ないのですが(笑)


どれだけニュートラルにやっても大事ですね。




ーやはりこの世界はスピリチュアルと切っても切れない関係だと感じますね。

しかし…中牟田さんとのお話しは盛り上がりました。書ききれない(笑)

もっとお話を聞きたかったです!

ーハナ





 
 
 

Interviewer

 

ハナ/きたざわはな

見えない世界と科学をつなぐ直感型アーティスト。


音、言葉、声などでエネルギーを表現、展開。電子出版プロデュース。リーディングほか。NESプラクティショナー。


製薬業、音楽活動、マーケティングなど様々な分野で活動後、心身の病をきっかけにヒーリングを学ぶ。

興味は周波数、意識、量子力学、言霊等へ広がり人間の”無限の力”を確信、病を自力で克服。


意識の力に目覚めさらにバージョンアップ中。



セミナー詳細


2022年4月24日(日) 第3回CIF主催会員セミナー開催


各専門分野の方々を迎え登壇していただきます。

詳細・申し込みはこちら

https://cif-institute.org/sukumane/event/detail/458