FSM(特定周波数微弱電流)療法
Frequency Specific Microcurrent(FSM)

FSM(特定周波数微弱電流)療法とは?

FSM
FSM療法とは、1996年キャロリン・マクマキン(Carolyn McMakin)医師により開発されたエネルギー療法である。
体では感じないほどの微弱な電流を使って2つの異なる周波数を同時に作用させる とで、周波数のレゾナンス効果(共鳴現象)を起こし、心身のバランスを整える療法 

トレーニングについて

FSM療法は以下の資格をお持ちの方のみ施術が可能となります。

医者
医師
鍼灸師
鍼灸師
歯科医
歯科医師
整体師
柔道整復師
(上記指導の元、看護師、理学療法士その他資格者が行うことは可能)
CIFでは、TimeWaver社の『McMakin Holistic(マクマキン・ホリスティック)』『Frequency Holistic(フリークエンシー・ホリスティック)』モデルを使ったFSM療法の使用方法とプロトコルについてのセミナーを随時おこなっております。
上記リンク先の詳細フォームはただ今準備中です。
トレーニングに関する問い合わせはこちらへ直接お問合せください。

jimukyoku@cif-institute.org		

FSM療法を受けたい人へ

FSM療法を導入している医療関係者の方々はこちら。